search963

the Key to "INTUITION"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

光と闇の共存

拙宅の隣の市には、テレビなどで取り上げられたことのある全国的に有名なゴミ屋敷があります。

現在でも住人が住みつづけ、市は対応に困っているそうです。

ゴミ屋敷がなぜ存在するかについて、住人の精神疾患などに原因を求める意見がありますが、それはそれとして、別の視点から考えてみましょう。

この市内には、歴史の古い、大きな神社があります。

神社は神聖な光を放っている場所ですから、光が強ければ強いぶん、闇の濃くなるエリアがどうしてもできてしまいます。

神社から南方に10キロほどのところに位置するゴミ屋敷は、闇を担っていると考えられます。

ゴミ屋敷は、けがらわしい、不快なものとして、周囲のネガティブなイメージが投影される対象として存在しているわけです。

神社が放つ光によってできる闇を引き受ける器としての「ゴミ屋敷」。

神聖なものを崇める心理と穢れたものを排除する心理を重ねると、トーラスになります。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。